スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト | この記事をTwitterに投稿する | --/--/-- --:-- | スポンサー広告
  • 【震災】ガソリン不足による混乱について
    4904810795735.jpg
    現在、特に東日本においてガソリン不足が発生しており、ガソリンスタンドに
    給油待ちの車が長い列を作っている光景が多々見受けられます。
    道路に行列を作れば、当然交通の妨げに成りますし、
    また車、バイクを所有する側としても油の供給がいつまで不安定であるのか
    分からないというのは大変不安な事と思われます。

    以下に石油元売各社の情報をまとめておきましたので、参考にして頂けたらと思います。
    ◆JX日鉱日石エネルギー(ENEOS・旧JOMO)
    石油製品供給能力が低下しているため、ENEOSサービスステーションにおきまして、ガソリン・灯油などの不足が生じております。
     仙台製油所・鹿島製油所:損傷が大きいことから復旧の目途がたっておりません。再稼動に向けて全力を挙げてまいりますが相当の時間を要するものと見込まれます。
     ※鹿島製油所は陸上出荷を18日より再開しました。これにより関東地区の供給体制は一定の改善が図られると考えております。
     根岸製油所:来週中にも生産再開予定です。
     水島製油所、大分製油所において稼働率をアップし、約30千BD(約5千KL/日)の石油製品を増産しております。
    また、他の製油所・油槽所(中継基地)へ石油製品の転送を行うことで、東北・関東地区への供給を増強します。
     根岸製油所では、3月15日より他製油所からの石油製品の受入を開始しております。また、18日に、盛岡油槽所へ転送するためのタンク車の出荷を開始しました。
     室蘭製油所では、東北地区の日本海側の油槽所への転送を開始しております。

     警察当局からのご指導により、SSの前に行列を作りますと、緊急車両の通行や周辺住民皆さんへのご迷惑になりますので、ご注意いただくようお願い致します。

    http://www.noe.jx-group.co.jp/emergency/index.html

    ◆エクソンモービル・ジャパン
    • 仙台の塩釜油槽所は、貯蔵されている製品の出荷作業を被災後初めて明朝(3 月20 日朝)から開始す
    る予定です。また、海上からの製品受け入れは、3 月21 日から可能となる見込みです。仙台地区での
    供給再開をより迅速にするため、他社と共同使用に供する予定です。
    • 極東石油工業千葉製油所では、主要設備が順次稼働開始しており、3 月21 日にフル生産体制に入れ
    る予定です。これにより、当グループのすべての工場は、フル生産体制となります。
    • 震災後から本日まで(3 月13 日-19 日)に、関西地方の製油所から関東地方に転送した製品数量は、
    合計2 万7 千キロリットルにのぼります。このうち、1 万7千キロリットルがガソリンで、これは、乗用車約
    30万台以上を満タンにする数量です。川崎工場からのタンクローリーの出荷量は、通常のおよそ1.5 倍
    となっています。
    • 東燃ゼネラル石油の川崎工場から、宇都宮、高崎、松本、上田に向け、ガソリン、灯油および軽油を貨
    車で一日あたり約100 車両分の出荷を継続中です。
    • 緊急用途向けの燃料として、東燃ゼネラル石油の和歌山工場と極東石油の千葉製油所は、200 リット
    ルドラム缶数百本に灯油と軽油を充填し、被災地用に輸送する予定です。

    http://www.exxonmobil.com/Japan-Japanese/PA/default.aspx

    ◆昭和シェル㈱
    当社グループ製油所に震災による設備への重大な影響はなく、安全確認をした上で、操業を継続しております。
    ※全四ヶ所製油所フル稼働中
    当社グループの基地・油槽所は、出荷中が18カ所、出荷停止中が2カ所となっており、出荷停止中の油槽所について、復旧を急いでおります。
    ※JONET 八戸油槽所・塩釜油槽所の二ヶ所
    東北地方への出荷体制
    (1) 出荷体制
    当該地域への出荷は、東亜石油京浜製油所、富士石油袖ヶ浦製油所、西部石油山口製油所からJONET青森油槽所、秋田共同油槽所、新潟石油製品輸入基地向けに海上輸送した上で、被災地域向けにタンクローリーで出荷を行っております。また、これらの基地・油槽所は、通常の稼働時間を延長して出荷を行っております。
    (2) タンクローリーの状況
    西日本地区、新潟地区等から応援のためのタンクローリーを手配して、配送体制を強化しております。

    http://www.showa-shell.co.jp/index.html

    ◆出光興産㈱
    現在、当社にある4ヶ所の製油所では生産能力をフル稼動させて、石油製品の生産を行っておりますので生産面の問題はありません。
    (4ヶ所:北海道製油所、千葉製油所、愛知製油所、徳山製油所)
    ・東北地方への供給
    被災地に向けましては、太平洋岸にある石油製品の出荷基地(油槽所)が地震被害により使用することができず、日本海側にある秋田・新潟油槽所からタンクローリーで配送をしていました。
    このたび操業を停止していた塩釜油槽所の復旧作業が完了し、本日再開しましたが、当面は政府、自治体などから要請のあった警察、消防、救急、自衛隊など復旧支援のための燃料供給に限定しますのでご理解をお願いいたします。
    なお、一般のガソリンスタンド向けには引き続き秋田・新潟油槽所から配送してまいります。

    ・関東地方への供給
    関東エリアにおきましては、通常以上の体制でガソリンスタンドをはじめ、お客様への配送に努めておりますが、通常より需要が増していることに加え、被災地区への転送が重なり、配送が追いつかない状況が生じております。
    誠に申し訳ありませんが、しばらくの間、不要不急の給油を控えるご協力をくださいますようお願いいたします。

    http://www.idemitsu.co.jp/

    ◆コスモ石油㈱
    千葉製油所 停止中
     <千葉製油所の状況について>

    * 消火活動
    本火災は「LPガス」に起因するものであるため、タンク内のガスを全て燃焼させる必要があり、
    延焼を防ぐための放水を行いながら、ガスを燃焼させております。(3/18既報)

    四日市製油所・堺製油所・坂出製油所 出荷中

    http://www.cosmo-oil.co.jp/

    ◆キグナス石油㈱
    現在、地震の影響により、東北・関東地方を中心に十分な供給を行うことが難しい
    状況となっており、今後は東北・関東以外の地域についても影響が出る可能性があり
    ます。そのため、一部のSSにおきましては給油制限や営業時間の短縮等にて対応を
    させて頂く場合があります。

    http://kygnus.jp/

    ◆太陽石油㈱
     弊社の一部系列SSにおいては、この度の地震の影響により、営業時間の変更や給油量の制限等を実施させて頂いております。お客様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解頂けます様、よろしくお願い申し上げます。

    http://www.taiyooil.net/

    ◆三井石油㈱
    現在、一時的に通常を上回る大きな需要が発生したため各サービスステーションへの物流体制が充分に確保できない状況です。また、営業再開にむけた各種施設点検に時間を要しているサービスステーションもございます。

    https://www.mogc.co.jp/


    以上
    各社HP等から引用、転載、抜粋している箇所が多々あります。ご了承ください。

    ■通常以上の需要?
     各社の発表を比較すると、通常を上回る需要が発生しているとの記述が目立っている事に気づきます。
     これはガソリン買占めが起こっている事に起因するものと思われます。
     ということは、平常通りの需要であれば供給が間に合う、皆に行き渡るようになると思われます。
     食糧不足の問題と同じようなことになっているようですね。 皆さん、買占めは止めましょう。

     また、ポリタンクにガソリンを入れることは消防法により禁止されています。こちらも注意してください。


    関連記事
  • | はてなブックマーク - 【震災】ガソリン不足による混乱について | この記事をTwitterに投稿する | 2011/03/19 23:07 | 管理人 | CM:2 | TB:0

  • お名前

    ホームページ

    コメント

    パスワード
       
    http://tires2or4.blog78.fc2.com/tb.php/483-6bb7b570
    * トラックバック *
    template design by takamu
    Copyright © 2006 Love Energy All Rights Reserved
    Edit
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。