スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト | この記事をTwitterに投稿する | --/--/-- --:-- | スポンサー広告
  • そして黒い。太くて長い。
    412 名前:774RR[sage]投稿日:2009/07/17(金) 00:31:34 ID:nsFwESGf

    レーシングスーツ、レーシンググローブ、レーシングブーツに身を包み、
    フルフェイスヘルメット片手に地下のガレージへ。
    たとえわずかな距離を走るときでも、安全に対する備えは欠かさない。それがオレ。

    薄暗闇の中、メインキーを回し、マグライトを口にくわえながらウィンカー、ヘッドライト、
    テールランプ、前後ブレーキ、タイヤの空気圧と異物の有無、ガソリン残量、
    エンジンオイル残量を念入りにチェック。カウルの傷も見逃さない。
    車両各部の異状確認は徹底して行う。それがオレ。

    前後輪、およびフレームの各部に通した3本のKITACO HD-10SPのロックを解除、
    前後レーシングスタンドも取り外す。
    スターターボタンをプッシュすると、L型ツインの小気味よいサウンドがコンクリートの
    壁面に反響する。今日も調子は上々のようだ。
    オレくらいになると、アイドリングの音を聞くだけでエンジンの調子が手に取るようにわかるのだ。

    静かにせり上がっていく自動開閉シャッターを横目にヘルメットを被る。顎紐を正しく丁寧に留める。
    サイドスタンドを蹴り、後方を確認してから颯爽とシートにまたがって左右ミラーの角度を調整。
    外から差し込む光のまぶしさに目を細めながら、もう一度右後方を目視して右足をつき、
    クラッチを握りつつ左足でシフトを踏みしめる。大きな音を立ててギアが一速に入る。
    エンストしないギリギリの回転数でクラッチを繋ぎ、輝く光の中へ、オレは
    1リットルの牛乳を求め70メートル先のスリーエフへとバイクを走らせる。

    413 名前:774RR[sage]投稿日:2009/07/17(金) 00:37:42 ID:HmgwnBkf

    もう少し短い文章で面白可笑しく頼む。

    例えば

    「大型バイク乗って牛乳買いにいく」とか。

    416 名前:774RR[sage]投稿日:2009/07/17(金) 00:49:25 ID:apfD81Fz

    >>412
    実はVTR250という裏設定


    423 名前:774RR[sage]投稿日:2009/07/17(金) 01:38:32 ID:nsFwESGf

    >>413
    >>416

    スタンディングで信号待ちをしていると、すぐ横にピカピカのVTR250が停まった。
    ラフな服装、長い黒髪、整った顔立ち、透き通るような肌の女の子。おっぱい。
    0.2秒で彼女の姿を余すところなくスキャニングし、真正面を見据えながら
    無表情のまま脳内でHD再生を繰り返す。妄想が爆発的に加速する。
    気取られたはずはないが、しかし、彼女からの視線をひしひしと感じる。
    それはそうだ、オレが乗っているのはSUZUKI渾身のフラッグシップネイキッド
    GSX-1300BK B-Kingなのである。彼女のVTRに比べれば排気量で5倍以上、
    重量も倍近くある。そして黒い。太くて長い。
    これまでにない異様な迫力に圧倒されていることは、彼女を見なくともわかる。
    そう、わかっているさ。
    信号が青に変わった。
    羨望のまなざしを何事もなかったかのように受け流し、オレは滑らかに発進する。
    全裸で。
    関連記事
  • | はてなブックマーク - そして黒い。太くて長い。 | この記事をTwitterに投稿する | 2009/09/12 19:10 | バイクネタ | CM:0 | TB:0

  • お名前

    ホームページ

    コメント

    パスワード
       
    http://tires2or4.blog78.fc2.com/tb.php/245-078a6d64
    * トラックバック *
    template design by takamu
    Copyright © 2006 Love Energy All Rights Reserved
    Edit
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。